コロナでラグビーTL開幕延期 パナソニック戦3試合は月内中止
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 日本ラグビー協会は14日、トップリーグ(TL)のチームに新型コロナウイルスの感染が拡大していることから16日の開幕を延期すると発表した。既に発表していた3チーム、44人の感染に加え、新たに3チームの計18人が陽性者となり、安全な大会運営が困難と判断した。2月上旬から中旬の開幕を目指し、期間短縮に伴って大会方式も変更する。

 日本協会が12日に明らかにした感染者数はキヤノンで24人、トヨタ自動車で13人、サントリーで7人。14日には神戸製鋼で10人、東芝で5人、NECで3人の陽性が発表され、計62人となった。

 濃厚接触者も多数に上り、オンラインで記者会見した日本協会の岩渕健輔専務理事は「(選手が感染したかどうか)グレーの状態のまま試合をするのは困難」と説明。TLの太田治チェアマンは開幕時期の判断に関し「濃厚接触者の自粛期間が終わるタイミングなど感染状況を見極める」と述べた。

 パナソニックワイルドナイツは、1月中に開幕節のNEC戦(17日、埼玉・熊谷)、第2節の神戸製鋼戦(23日、大阪・ヤンマー)、第3節のヤマハ戦(31日、熊谷)の3試合を予定していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事