1区に石橋 アンカーは竹地 都道府県対抗女子駅伝きょう号砲
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
開会式を終え、初優勝に向け気勢を上げる群馬チーム=京都・ロームシアター京都

 【京都=山田浩之、中里圭秀】第36回全国都道府県対抗女子駅伝(京都・西京極陸上競技場発着=9区間、42.195キロ)のオーダー発表と開会式が13日、京都市内で行われた。群馬は1区に経験豊富な石橋麻衣、最終9区に昨年の全日本実業団対抗駅伝で6区2位と力走した竹地志帆(ともにヤマダ電機)を配し、前回13位からの浮上を狙う。スタートは14日午後0時半。

 2016年世界ハーフマラソン日本代表の石井寿美(同)が故障で、メンバー変更を余儀なくされた。それでも永井聡監督は「考えられるベストオーダーを組んだ。群馬らしい駅伝で強気にいきたい」と前を向く。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事