「世界通じる選手を」 ヤマダ女子中長距離の新監督に高木雅一氏
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クイーンズ駅伝優勝への意気込みを語る高木新監督
ヤマダホールディングスで9年間指揮を執った森川氏
(左)西原加純、(右)竹地志帆

 陸上の実業団ヤマダホールディングス女子中長距離部門の新監督に、群馬県の常磐高校で30年以上指導した高木雅一氏(57)が就任することが15日までに分かった。上毛新聞の取材に「クイーンズ駅伝(全日本実業団女子駅伝)優勝と、個人で五輪や世界陸上に通じる選手を育てたい」と目標を語った。就任は16日付。教え子の岡本春美(三井住友海上、常磐高出身)も同日、ヤマダに移籍する。

◎教え子の岡本春美も移籍 「日本最高峰 優勝したい」
 高木監督は桐生市出身。1987年に常磐高監督に就任した。全国高校駅伝出場20回の常連校に育て、2015年は過去最高の準優勝に導いた。16年から実業団の三井住友海上女子陸上部の特別コーチに就任し、常磐高特別非常勤講師として学校で指導を続けながら岡本と五輪を目指した。

 ヤマダでの指導理念を「陸上を通じた人間形成」と語る。レースについては当面の大きな目標を5月以降の日本選手権とし、「入賞、優勝を目指す」と力を込めた。

 前任の森川賢一氏は家庭の事情で退職し、県外の実業団で指揮を執る。ヤマダの主力として活躍してきた西原加純、竹地志帆も同じチームに移籍し、竹地は現役を引退してマネジャーに転向する。

《高木新監督への一問一答》―就任の経緯は。
 もともと2020年度までに、常磐高の特別非常勤講師と三井住友海上の特別コーチを終える予定だった。所属がなくなる中、ヤマダホールディングスからお話をいただいた。

―ヤマダでの目標は。
 (山田昇)会長が一番に言っていたのは競技を通じた「人間形成」。チームとしてはクイーンズ駅伝優勝と個人では五輪や世界陸上に通じる選手を育てる。

―常磐高では全国高校駅伝の優勝に一歩届かなかった。
 やり残したことをやり直せるチャンスをもらった。カテゴリーは異なるが、日本最高峰のクイーンズ駅伝でこれまでに果たせなかった優勝をしたい。

―強化方針は。
 選手をまだ十分見ていないのでこれからになる。前監督のトレーニングを急に変えるつもりはなく、いい部分を継承して進めたい。

―高校では生活面から管理していた。
 これからは大人の選手が相手。管理と言っても自己管理がウエートを占めるだろう。自己管理、自立を強調したい。

―これまでヤマダは総合力で戦ってきた。エースを育てる考えは。
 当然ある。五輪を考えれば個人で飛び抜けた選手、絶対的なエースを育てないといけない。それがチームの底上げにもつながる。

―高校と実業団の指導の違いは。
 まず選択する種目の距離が延びる。どの距離でその選手の特性を生かしていくか考える必要がある。

 また、高校は3年間で終わったが今後は長いスパン(期間)で指導する。モチベーションを保たせながら高い目標に引き上げる難しさはある。ただ、楽しみが強い。これまではいい選手になったと思うと卒業してしまうこともあった。育てた選手を長く見て、最終的にマラソンもやりたいと言ってくれることもあるだろう。

―群馬県陸上界を盛り上げる考えは。
 地元の人間が地元企業の監督になるケースはあまりない。県に対する愛着があるので群馬を盛り上げたい。地域貢献もどんどん進めたい。

 たかぎ・まさかず 1963年7月生まれ。桐生梅田南中―桐生工高―東海大。

◎「群馬の人に感謝」…強豪に育て上げた森川賢一監督が退任
 陸上の実業団ヤマダホールディングス女子中長距離部門の監督を退任する森川賢一氏は、2012年から指揮を執り、全日本実業団女子駅伝(クイーンズ駅伝)でチームを7度入賞の強豪に育て上げた。個人では仏教大時代から指導する西原加純を2015年世界選手権に送り出した。9年間を振り返り、「群馬の人が温かく迎え、そこまで強くなかったチームを支えてくれた」と感謝した。

 京都市出身。仏教大監督として2009年の全日本大学女子駅伝で初優勝、10年には2連覇した。群馬に来た当初を振り返り、「一度も京都を出たことがなくて不安だった」と語る。

 そんな中、チームの寮がある吉岡町の人たちの応援が励みになった。「よく来てくれた」「強くして」などと声をかけられた。「辞めるのは後ろ髪を引かれる思い」と言えるほど、温かいエールだった。

 就任翌年の13年にクイーンズ駅伝初入賞を果たした。それまでの最高成績は17位で、大きな飛躍を遂げた。その後は3位に2度輝くなど結果を出し、入賞の常連チームとなった。

 強くなった要因を「素直で真面目な選手が来てくれたのが大きい」と総括し、モチベーションの高さを強調した。チームとしての行動を重視し、常に一丸で強くなる意識だった。「それではトップ選手をつくれない」との指摘も受けたというが、信念を貫いた。

 今後、県外の実業団で監督として再スタートを切る。チーム力の向上や世界に通じる選手の育成、選手の責任感を育むことが目標だ。「今までしてこなかったことだが、次の指導者も育てたい」と、新たな意欲も生まれている。

◎西原加純が移籍 竹地志帆は引退しマネージャーに
 ヤマダホールディングスの森川賢一監督とともに県外の実業団へ移籍する西原加純と竹地志帆も、新天地での活躍を誓っている。

 西原は移籍の理由を「環境が変わる不安も考えたが、大学時代から教わってきた監督の下でやろうと決めた」と説明する。2011年に入社し、この10年間で世界選手権やアジア大会に出場するなど存在感を示してきた。「今後も目標は変わらず、世界の舞台にまた立ちたい。10年間で満足してないからこそ現役を続ける」と意気込む。

 竹地は現役を引退してマネージャーに転向する。2013年に入社し、マラソンで世界の舞台を目指してきた。妥協せずに頑張れるタイミングとして、数年前に今年を期限に定めたという。これまでを振り返り、「充実のひと言。続けられない選手もいる世界で、ここまで走ってこられた」と明るく話す。今後、選手と異なる形で好きな陸上に携わることを楽しみにしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事