「差別なき五輪体現を」 森氏発言を直に聞き思い JOC評議員の八木原氏
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「誰もが活躍できる社会の実現を目指すための五輪であってほしい」と語る八木原氏

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)が女性蔑視発言の責任を取って辞任を表明した問題で、日本山岳・スポーツクライミング協会長で日本オリンピック委員会(JOC)評議員の八木原圀明氏(74)=前橋市=が上毛新聞の取材に応じた。八木原氏は「後任の会長をはじめ組織委が『差別なき五輪』を体現できるかどうかが大切」と強調する。16日には、会長の後任候補を選ぶ検討委員会の第1回会合が都内で開催された。

 八木原氏は3日に都内で開かれたJOC臨時評議員会に出席し、森氏の発言を「これはまずい」と感じた。一方で、会場内では一部で笑いも起こったという。

 問題の発言について、八木原氏は、スポーツ界全体で女性の地位向上や男女平等を目指してきただけに、「時代に逆行した発言であることは明らか。五輪が目指す価値観から懸け離れている」と指摘する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事