【速報】都道府県対抗駅伝 県勢5位入賞
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 第23回全国都道府県対抗男子駅伝が21日、広島市の平和記念公園前を発着点とする7区間48キロで行われた。

 群馬県勢は、2時間20分59秒で前回大会の6位から1つ順位を上げて5位入賞を果たした。埼玉が2時間19分10秒で、3年ぶり2度目の優勝を飾った。

 県勢は前半出遅れたものの、12位でたすきを受けたアンカーの西山和弥(東洋大)が7人抜きで5位に入った。

 県勢は、1区(7キロ)で大沢佑介(樹徳高)が27位、2区(3キロ)の塩原匠(中之条中)が25位、3区(8.5キロ)塩尻和也(順天堂大)は15人抜きの区間2位で10位まで順位を上げた。

 その後、4区(5キロ)栗原啓吾(農大二高)12位、5区(8.5キロ)千明龍之佑 (同)が10位、6区(3キロ)北村勇貴(笠懸南中)12位とたすきをつなぎ、最終7区(13キロ)に望みを託した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事