ビックカメラ好発進 移籍・藤田が二刀流 女子ソフト日本リーグ開幕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シオノギ製薬戦に先発し、5回無失点のビックカメラ高崎・藤田=ベイコム野球場
シオノギ製薬戦の1回、先頭打者本塁打を放ちベンチで迎えられるビックカメラ高崎の市口(右)

 ソフトボールの日本女子リーグ1部は3日、兵庫・ベイコム野球場などで開幕した。第1節6試合が行われ、東京五輪代表の藤田やまとが移籍後、初登板したビックカメラ高崎は3-0の完封リレーでシオノギ製薬を下した。太陽誘電は8-2で戸田中央総合病院に大勝し、ともに白星スタートを飾った。第1節の4日はビックが豊田自動織機、誘電がデンソーと対戦する。

▽第1節

ビックカメラ高崎(1勝)
2010000-3
0000000-0
シオノギ製薬(1敗)

【ビ】藤田、浜村―我妻【シ】吉井、千葉―宇野、竹林▽本塁打 市口、内藤(ビ)▽三塁打 山本(ビ)

◎五輪代表6人で全安打

 ○…ビックは東京五輪代表6人がそれぞれ安打を記録した。1番市口侑果が先制本塁打を含む2安打、3番内藤実穂も本塁打を放ち攻撃をリード。4番藤田倭は単打、5番山本優が三塁打、7番我妻悠香が2安打、代打出場の森さやかも単打を放ち、6人でチームの全8安打を独占、順調な滑り出しとなった。

 「1番打者は『チームの顔』。初回に勢いを付けられた」と市口。二回には一、二塁間の際どいゴロに猛進し、巧みなグラブトスでアウトを取るなど守備でも見せた。「五輪に良い流れで入れるよう、目の前のプレーに全力で行く」と話した。

◎太陽誘電は10安打大勝

▽第1節

太陽誘電(1勝)
2030102-8
0001001-2
戸田中央総合病院(1敗)

【太】尾崎―佐藤【戸】広瀬、冨永―鬼沢▽本塁打 数原、堤(戸)

 ○…誘電は単打のみの10安打を重ね、戸田中央総合病院をじわじわと突き放した。先発尾崎望良は2失点完投。ソロ2本を含む5安打を浴びたものの、要所を締めた。戸田の計5失策に対し無失策と守備力も圧倒した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事