桜井が初優勝 育英大初の世界大会代表 レスリング全日本選抜女子55キロ級
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
女子55キロ級決勝 攻撃を仕掛けようとする育英大の桜井(左)=東京・駒沢体育館(日本レスリング協会提供)

 レスリングの世界選手権(10月・オスロ)代表選考会を兼ねた全日本選抜選手権第3日は29日、東京・駒沢体育館で行われ、女子55キロ級で桜井つぐみ(育英大)が初優勝、世界選手権出場を決めた。創部4年目の育英大からは五輪、世界選手権を通じて初の世界大会代表。準決勝で桜井に敗れた嶋田英莉(同)、同68キロ級の平井かえで(同)はともに4位に入った。(越谷奈都美)

 【女子】▽55キロ級決勝
桜井つぐみ(育英大)/4-2/今井(日 大)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事