《インターハイ県予選》バドミントン男子団体 市太田が快勝し全国切符 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
男子団体決勝 市太田―桐生商 第2セット、スマッシュを決める市太田の松本(左)・金子組=桐生ガススポーツセンター

 全国高校総合体育大会(インターハイ)群馬県予選は12日、県内各地で行われ、バドミントンの男子団体は市太田、女子団体は共愛学園が優勝した。市太田は決勝の桐生商戦を3-0で快勝、共愛は中央中等を3-1で振り切った。各優勝校は全国大会に出場する。


 【男子】◇団体▽決勝
市太田 3-0 桐生商

○ 松本悠 金子美輝  2-0 大沢珀斗 須藤大翔  

○ 長岡武琉 石川雄琉 2-1 高橋弥真土 須藤陽太  

○ 石原慶士      2-0       高松佑真  

◎松本・金子組チームに勢い

 バドミントン男子団体は県高校総合体育大会8強に終わった市太田が、決勝で総体優勝の桐生商を3-0で破った。

 ダブルス1番手の松本悠・金子美輝組がチームを勢いづけた。圧巻だったのは、第1セットの6本目。後衛・金子の厳しいサーブで敵陣を攻め、クリアした相手のシャトルを前衛・松本がドロップでネット前に落として見せた。松本は「(自分の)スマッシュをカウンターしようとしている相手が見えた」と、広い視野で冷静にフェイントを仕掛けた。(山崎遼)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事