フルと10キロで2年ぶり開催 11月3日にぐんまマラソン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
緑色を基調にした「第31回ぐんまマラソン」のポスター

 新型コロナウイルスの影響で昨年度大会が中止になったぐんまマラソンの実行委員会は15日までに、2年ぶりに実施する第31回大会(県、前橋市、高崎市、群馬陸協、上毛新聞社主催)をフルマラソンと10キロの2種目で11月3日に開催することを決めた。感染症対策が難しいリバーサイドジョギングは行わず、参加者数は例年の1万5000人から9000人に縮小する。7月4日午前10時からランネットで受け付けを始める。

 フルは5千人、10キロは4千人を募集する。フル、10キロともに正田醤油スタジアム群馬(前橋市)を発着点とする例年通りのコースで行う。密環境回避のため千人のグループごとにスタートする。

 コロナ対策としてゲストランナーを置かず、サブステージショーなど大会を盛り上げる催しは行わない。当日はランナーら大会関係者以外の来場や沿道での応援を自粛してもらう。ランナーはスタート前とゴール後にマスクを着用する。
(新井正人)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事