「2種目で決勝に」 由井真緒里(前橋西高―上武大) パラ競泳混合200メートルR代表内定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「2種目で決勝に進出したい」と抱負を話す由井

 東京パラリンピック競泳の混合200メートルリレー代表に内定した上武大の由井真緒里(前橋西高出身)は、高校1年の時から目指し始めた世界最高峰の舞台に3年でたどり着いた。複数種目で活躍する中で武器である速さを買われて選出された。リレーだけでなく、個人種目にも出場し決勝進出を目指す。

 ―東京パラリンピック出場が決まった。

 素直にうれしかった。開催が2020年から21年に1年延期になって、絶対に出たいと思っていた。選んでもらってほっとした。
(聞き手・新井正人)

 ゆい・まおり 2002年10月生まれ。前橋市出身。100メートル、200メートル自由形を中心に複数種目で活躍。50メートルバタフライ(S5)と200メートル個人メドレー(SM5)の日本記録保持者。趣味は音楽・動画鑑賞。好きな食べ物はミニトマト。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事