宇津木監督が指導者宣誓 女子ソフト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
開会式で指導者宣誓に臨む柔道男子の井上康生監督(左)とソフトボールの宇津木麗華監督=23日夜、国立競技場

 ソフトボール日本代表の宇津木麗華監督が開会式で、柔道男子日本代表の井上康生監督と共に指導者宣誓を務めた。選手当時は日本の2000年シドニー五輪銀メダル、04年アテネ五輪銅メダルに貢献。引退後は県内経営者らと「異業種交流」を積極的に進め、日本的な上下関係に縛られない独自の選手育成を追求してきた。

 宣誓は、選手や審判員の代表と共にルールとフェアプレー精神の尊重、順守を盛り込み実施。宇津木監督たちは「すべてのコーチおよび役員の名において」と誓った。各部門とも男女ペアで担当した。
(田中暁)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事