《東京五輪》混合複卓球が悲願の金 大野連覇 西矢最年少V
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
混合ダブルス決勝 中国ペアからポイントを奪い、ガッツポーズする水谷隼(右)、伊藤美誠組=東京体育館
男子73キロ級で2大会連続の金メダルを獲得した大野将平=日本武道館
女子ストリート決勝 演技後に喜ぶ西矢椛。金メダルを獲得した=有明アーバンスポーツパーク

 東京五輪第4日の26日、柔道の男子73キロ級で大野将平(29)=旭化成=が前回リオデジャネイロ五輪に続き2連覇を達成した。新種目の卓球混合ダブルスは水谷隼(32)=木下グループ、伊藤美誠(20)=スターツ=のペアが決勝で中国組を破り、日本卓球初の金メダル。新競技スケートボードの女子ストリートでは、13歳の西矢椛(ムラサキスポーツ)が日本最年少で優勝し、日本勢の今大会の金メダルは8個となり、夏季大会通算で150個に達した。

 体操の男子団体総合は予選を1位通過の日本が銀メダルを獲得。ロシア・オリンピック委員会(ROC)にわずかに届かず、連覇を逃した。

 スケートボードの西矢は1992年バルセロナ五輪競泳女子200メートル平泳ぎの岩崎恭子の14歳を更新し、男子優勝の堀米雄斗(22)=XFLAG=に続く快挙。中山楓奈(16)=ムラサキスポーツ=は銅メダルだった。

 柔道女子57キロ級の芳田司(25)=コマツ=も銅メダル。日本はこれまでの男女6階級全てでメダルを獲得した。アーチェリーの男子団体は、この種目で初のメダルとなる銅を取った。

 競泳女子の200メートル個人メドレーは、400メートル個人メドレーで優勝した大橋悠依(25)=イトマン東進=が準決勝に進んだ。バスケットボール男子は開会式で旗手を務めた八村塁(23)=ウィザーズ=を擁する日本が1次リーグ初戦でスペインに敗れた。テニス女子シングルスの大坂なおみ(23)=日清食品=は3回戦進出。

 初出場のフェンシング男子フルーレ個人の敷根崇裕(23)=ネクサス=は4位と健闘。男子シンクロ高飛び込みの村上和基(32)=三重県スポーツ協会、前橋育英高―上武大出身=は伊藤洸輝(21)=JSS宝塚=と組んで8位だった。

 ソフトボールは1次リーグ最終戦で米国に1-2でサヨナラ負けし、27日の決勝で米国と再戦する。ラグビー7人制男子は競技が始まり、藤田慶和(27)=パナソニック=が出場した日本は1次リーグB組で2連敗した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事