《北信越インターハイ》陸上女子棒高跳び 村田(前女)大会新4メートルV
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
陸上女子棒高跳び 大会新記録となる4メートル00をクリアする前橋女の村田=福井、9.98スタジアム
陸上女子棒高跳び 跳躍を成功させて小さくガッツポーズする前橋育英の柳川

 【福井=大橋周平、斎藤大希】全国高校総合体育大会(北信越インターハイ)は31日、福井県などで6競技が行われ、陸上女子棒高跳びで村田蒼空(そら)(前橋女)が大会新記録の4メートル00で優勝、柳川美空(みくう)(前橋育英)も従来の大会記録を5センチ上回る3メートル95で3位に入った。ソフトテニス 男子個人は大和昌生・北爪琉登組(高崎商)が 6回戦で敗れて8強入りを逃した。

 【男子】▽200メートル予選
 「8組」(4)佐藤智也(農大二)21秒66=追い風参考、落選
 ▽800メートル決勝 (7)大楢龍輝(健大高崎)1分52秒71
 ▽1600メートルリレー予選
 「3組」(3)前橋育英(神沢、松丸、宮崎、桜井)3分16秒21=準決勝進出
 「4組」(6)農大二(原田、佐藤、フェルナンド、関口)3分21秒12=落選
 ▽三段跳び予選 
 「1組」(23)星野愛弥(前橋商)14メートル10=追い風参考、落選
 【女子】▽200メートル予選
 「3組」(7)美細津エメリア(高崎女)25秒23=落選
 ▽3000メートル予選
 「1組」(3)並木美乃(常磐)9分34秒21=決勝進出
 ▽1600メートルリレー予選
 「8組」(5)共愛学園(石川茜、大山、原田、斎藤)3分55秒90=落選
 ▽走り高跳び予選
 「2組」館遥香(高崎商)=記録なし、落選
 ▽棒高跳び決勝 (1)村田蒼空(前橋女)4メートル00=大会新(3)柳川美空(前橋育英)3メートル95(6)今井葉月(樹徳)3メートル80
 ▽やり投げ予選
 「2組」⑭神山凜奈(桐生)40メートル41=落選

◎強気で挑戦が奏功 村田 

 念願の大舞台で誰よりも高く空を舞った。3人が4メートル00に挑むハイレベルな戦いとなった陸上女子棒高跳びは、2年生の村田がただ一人、この高さに成功。大会記録も塗り替え、「強い選手がいる中で跳べて楽しかった」と笑顔がはじけた。

 3メートル85まで順調に試技を進めたが、強い反発力を得ようと硬めのポールに変えた3メートル90の1回目を落とし、3メートル95の1回目も失敗。柳川美空ら2選手の成功に気後れせず、「1位を目指していたので、クリアしても意味はない」といずれもパスし、強気に次の高さに挑んでいった。

 2度の失敗で後がない4メートル00の1回目。「絶対に跳んでやる」と失敗が続いたポールを変えず、試技に臨んだ。バーは落ちたが体の接触ではなく、風の影響だったと判定。屋外で4メートルを出したのは初めてで、「(大台の記録に)こだわりたかったので良かった」と目標達成を喜んだ。(斎藤大希)

7位は悔しい 健大高崎・大楢龍輝の話
(陸上男子800メートルで7位入賞)2周目のペースアップに対応できなかった。順位は悔しい結果に終わったが、最初で最後のインターハイに出場できたのはうれしい。体重増加など、苦しい時期に支えてくれた北田初男監督には感謝の気持ちでいっぱい。まだ県高校駅伝があるので、チームの力になれるような選手になるつもり。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事