《東京五輪》レスリング文田が銀 村上、床運動で銅 体操女子個人は初
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本―南アフリカ 第1ピリオド、パスを出す志賀=東京辰巳国際水泳場

 東京五輪第11日の2日、体操は女子種目別決勝の床運動で村上茉愛(まい)(24)=日体ク=が銅メダルに輝いた。体操女子のメダルは1964年東京五輪団体総合の3位以来、57年ぶり2個目。個人種目では初の快挙となった。レスリングの男子グレコローマンスタイル60キロ級で文田健一郎(25)=ミキハウス=が銀メダルを獲得した。日本男子は52年ヘルシンキ五輪から参加した17大会連続のメダル。女子76キロ級の皆川博恵(33)=クリナップ=は3位決定戦で敗れた。

 陸上は男子走り幅跳び決勝で橋岡優輝(22)=富士通=が6位となり、日本勢37年ぶりの入賞を果たした。男子3000メートル障害の三浦龍司(19)=順大=は日本選手過去最高の7位。女子5000メートルの広中璃梨佳(20)=日本郵政グループ=は14分52秒84の日本新記録で9位に入った。

 卓球は女子団体準々決勝で日本が台湾を破り、4強入り。男子団体は準々決勝進出を決めた。バスケットボール女子の日本はナイジェリアを退けて8強入りした。野球の準々決勝で「侍ジャパン」は延長十回、7-6で米国にサヨナラ勝ちし、4日の準決勝では韓国と対戦する。

 レスリング女子68キロ級の土性沙羅(26)=東新住建=は1回戦で敗れ、3日の敗者復活戦に回った。男子グレコ77キロ級の屋比久翔平(26)=ALSOK=は2回戦で負け、3日の3位決定戦に臨む。

 志賀光明(29)=登利平、前橋商高出身=が出場した水球男子は1次リーグ最終戦で南アフリカに24-9で快勝、84年ロサンゼルス五輪以来、37年ぶりの勝利を挙げた。今大会を1勝4敗のA組5位で終え、出場12チーム中10位と決まった。

◎水球男子が37年ぶり勝利
 水球は男子1次リーグ最終戦が行われ、A組で敗退が決まっていた日本は南アフリカに24-9で快勝し、1984年ロサンゼルス五輪以来、37年ぶりの勝利を挙げた。今大会を1勝4敗の同組5位で終え、出場12チーム中10位と決まった。志賀光明(登利平、前橋商高出身)も出場した。B組5位のオーストラリアに勝ち点で下回った。

 5-4で迎えた第2ピリオドに7点を奪って突き放し、12-8で折り返した後半も攻撃の手を緩めなかった。南アフリカは5戦全敗。

A組は1位ギリシャからイタリア、ハンガリー、米国、B組は1位スペインからクロアチア、セルビア、モンテネグロが準々決勝に進出した。

◎志賀、鮮やか2ゴール
 2016年リオデジャネイロ五輪から2大会連続の未勝利で終わるわけにいかなかった。志賀は第1ピリオドから積極的に攻撃をけん引し、鮮やかな2得点で拮抗した展開を破って日本優位の流れを呼び込んだ。「自分たちの水球ができた」と最後は笑顔で終えた。

 7月31日のイタリア戦は第1ピリオドを完封されて大敗を招き、「立ち上がりが僕らの弱点。修正していこう」と強く意識していた。開始37秒で5メートル付近から狙いすましたストレートシュートで先制。2点目は残り5秒、中央に切り込み、縦パスをボレーでたたき込む勝ち越しのゴールを生んだ。

 守備の要とゲームメーカーを担うベテランながら、リオ以降は得点にもこだわり、「どんな状況でも打てるように練習してきた」。大舞台で自分の名を刻む意欲がチームの勝利と連動したとしても、淡泊に勝てるほど五輪は甘くないと学んでいた。

 ベンチに下がる間も眼光鋭く戦況を見守っていた。「リオが世界との差を縮めた大会なら、東京は世界のトップと渡り合えた大会」という自負があり、最終戦を完勝で飾るべく緩まなかった。

 無観客開催でも多くの人に水球が知られ、応援メッセージをもらったことに感謝した。「地元群馬の反響も家族から伝えられていて、本当にうれしかった。今後も水球を見せる場をつくっていきたい」と競技愛をますます深めていた。
(田中暁)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事