応援の炎 全国から一つに 東京パラリンピック 集火式で聖火誕生
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
各地で採火された炎を一つにする(左から)野村忠宏さん、田口亜希さん、石原さとみさん=20日夜、東京・元赤坂の迎賓館

 東京パラリンピックの聖火が20日夜に“誕生”した。東京・元赤坂の迎賓館で、47都道府県とパラ発祥の地とされる英国ストーク・マンデビルで採火した炎を一つにする「集火式」を開催。新型コロナウイルスの感染拡大で、12日から始まった聖火リレー関連行事は中止や縮小が続出した。迎賓館では映像で炎が一つになる演出をした。開幕は24日に迫り、大会本番にも影響が懸念される。

 20日午後8時からの集火式では、写真で各地の採火を紹介。ステージに設置された多数のトーチの炎が画面上で空に上がって一つになると、トーチを持った聖火リレー公式アンバサダーの俳優、石原さとみさんや射撃でパラ3大会出場の田口亜希さんらが登場。トーチを模した聖火皿に火をともし、大会の聖火が誕生した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事