《東京パラ》ボッチャ日本勢初 杉村が金 競泳男子100メートル平・木村は銀
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人(脳性まひBC2)で優勝し、表彰式で金メダルを手にする杉村英孝=有明体操競技場
 

 東京パラリンピック第9日の1日、ボッチャ個人の脳性まひBC2で杉村英孝(39)=伊豆介護センター=が決勝でタイ選手を破り、この競技で日本初の金メダルを獲得した。個人のメダルも初めて。杉村は前回リオデジャネイロ大会でチームの2位に続く表彰台で、日本の「金」は今大会6個目。メダル総数は前回と並ぶ24個となった。競泳は男子100メートル平泳ぎ(視覚障害SB11)で前回3位の木村敬一(30)=東京ガス=が2位になり、3大会連続のメダルを手にした。

 陸上は男子走り幅跳び(義足・機能障害T64)で世界記録保持者のマルクス・レーム(33)=ドイツ=が8メートル18で3連覇。女子100メートル(車いすT54)は2018年平昌冬季大会アルペンスキーでメダル5個の村岡桃佳(24)=トヨタ自動車=が6位だった。

 車いすテニスは男子シングルスで国枝慎吾(37)=ユニクロ=が2大会ぶりに準決勝に進んだ。女子ダブルスで上地結衣(27)=三井住友銀行、大谷桃子(26)=かんぽ生命=組は準決勝で敗れ、3位決定戦に回った。混合上下肢障害ダブルスの諸石光照(54)=EYジャパン、菅野浩二(40)=リクルート=組は3位決定戦。

 車いすバスケットボール男子の日本は準々決勝でオーストラリアに勝ち、初の準決勝進出。ゴールボール女子も準々決勝でイスラエルを下して4強入りした。

 アーチェリーの女子個人(車いすW1)で岡崎愛子(35)=日本身体障害者アーチェリー連盟=は準々決勝で敗退した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事