上野ら五輪ソフト代表が来社 応援に感謝
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 今夏の東京五輪で13年ぶり2度目の金メダルを獲得したソフトボール日本代表の宇津木麗華監督や山路典子コーチ(太陽誘電監督)、上野由岐子(ビックカメラ高崎)、原田のどか(太陽誘電)ら選手、スタッフの群馬県勢13人と、日本協会の三宅豊会長(新島学園高出身)らが22日、前橋市の上毛新聞社上毛ホールを訪れ、内山充社長に活躍を報告した。

 式典で内山社長から宇津木監督に花束が贈られた。三宅会長は「我々は日本の代表であるとともに群馬の代表。地域の文化の発展、スポーツの発展に寄与していきたい」、宇津木監督は「県民に応援いただき、良い結果になった。2028年ロサンゼルスで五輪に復活できるよう頑張る」とそれぞれ話した。

 上野はコロナ下で大会が開催され、医療従事者をはじめ多くの支援があったことに感謝。「子どもたちの目標である選手として、スポーツ界が発展していけるよう力を尽くす」とした。藤田倭(ビック)は「全員が目標に向かって一丸となった結果」と振り返った。
(田中暁)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事