《平昌五輪評論》スピードスケート女子1500 力出し切った高木美(黒岩敏幸氏)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
黒岩 敏幸氏

 高木美は本当によくやってくれた。金と0秒2の差なので悔しい部分はあるが、相手が強かった。力は出し切ったのではないか。

 悔やまれるのは1度フライングになったこと。2、3歩とはいえ走っているので脚に疲労は来る。再スタートでも少しバランスを崩した。ラップはある程度予定通りだったと思うが、その疲れが最後に出てしまったのかな。ラストの100メートルがブストとの差だった。

 小平は、滑り自体は良かった。この距離は何かが起きないとメダルの可能性は低いと思っていた。調子は悪くなさそうだったので、1000メートルが楽しみだ。菊池は滑りの部分でずれが見てとれた。よけいな力を使ってしまい、後半は疲れが出て落ちてしまっていた。

 ブストは勝ち方を知っている。今季は上体がぶれていたが、今回は最初の300メートルを過ぎてから最後の100メートルまで(ぶれないように)腕を振らずに滑った。どうすればいいか、自分の状態をしっかり分析できている。

 高木美はまだ発展途上。力は上がっていく。今大会まだ種目が残っているが、次の北京五輪の1500メートルでは彼女が世界の中心になるだろう。(アルベールビル五輪銀メダリスト)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事