《平昌五輪評論》スピードスケート男子1500 小田は本当にいい滑り(黒岩敏幸氏)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
黒岩 敏幸氏

 小田は20年ぶりの入賞ということだが、本当に立派だ。いい滑りをした。(優勝候補筆頭だった)ナウシュが同走に決まってナーバスになっていると聞いていたが、序盤から飛ばす相手にしっかりついていった。

 もっと接戦になる相手の方が良かったと思うが、それでもこの結果を出せたのはすごい。相手の速さにも、自分を見失わずにできたと思う。1500メートルで世界に近づいている。北京五輪ではメダルのチャンスもあるし、この後の1000メートルも楽しみだ。

 ウイリアムソンは、もう少し頑張れば入賞も見えた。ソチ五輪の悔しさをばねにした。中村は今季の状態を考えれば内容のいい滑りだったと思う。2人は団体追い抜きがメイン。日ごとに調子が良くなっているのはいい傾向だ。

 ここまで金メダルが全部オランダ勢なのは悔しい。ナウシュは低い姿勢が最後まで崩れないところが強さの秘訣ひけつだ。(アルベールビル五輪銀メダリスト)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事