ビック、延長で上州対決制す 太陽誘電に9-3 女子ソフト高崎大会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ビックカメラ高崎―太陽誘電 8回表ビック1死三塁、勝ち越しの2ランを放った工藤が喜びの生還=高崎市ソフトボール場
ビックカメラ高崎―太陽誘電 5回裏誘電1死、今季7号の同点ソロを放った中溝=高崎市ソフトボール場

 ソフトボールの日本女子リーグ1部第9節高崎大会が17日、高崎市ソフトボール場「宇津木スタジアム」で開かれ、ビックカメラ高崎と太陽誘電の上州対決は、既に決勝トーナメント進出を決めたビックが延長のタイブレーク八回の末、9-3で誘電に勝利した。ビックは通算16勝4敗で単独首位。最終節となる第10節の2試合を残し、2位以上が確定した。誘電は通算11勝9敗で5位タイに後退した。

 第10節は23、24の両日、ビックが山梨大会で大垣ミナモとデンソー、誘電が名古屋大会でシオノギ製薬、トヨタ自動車と対戦する。

 ▽第9節

ビックカメラ高崎(16勝4敗)
00110106―9
00012000―3
太陽誘電(11勝9敗)

(延長八回、八回からタイブレーク)
【ビ】浜村、上野―我妻
【太】曽根、山口―佐藤
▽本塁打 藤田、工藤、市口(ビ)佐藤、中溝(太)▽二塁打 我妻、内藤(ビ)永友、原田(太)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事