《平昌五輪評論》スピードスケート女子1000 ともに攻めたが、悔しさも つきもなかった小平(黒岩敏幸氏)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
黒岩 敏幸氏

 日本選手が同時に表彰台に上がったのはうれしい。1000メートルという難しい距離で、2人とも攻めの滑りを見せてくれた。ただ、本音を言えば悔しさもある。

 小平は十分に金メダルを取る実力があった。アウトスタートの厳しい条件でよく滑った。1000メートルだとインとアウトで0秒3くらい変わる。0秒3違えばメダルの色が変わっていた。そういう意味ではついてなかった。あとは600メートルを過ぎたカーブの頂点でバランスを崩してしまい、最後のカーブの出口でも体勢が崩れたのはもったいなかった。

 高木美は今大会3レース目で一番の滑りだった。最初の200メートルも小平より0秒01速いし、全体のラップ差も小さい。会心のレースだったのではないか。今までやってきたことが出せている。

 私が銀メダルを取ったときもそうだが、ライバルの存在は大きい。宮部(保範)さんがいて、背負うものが半分になった。2人も荷物を分け合って、ここまで来ることができたと思う。

 またしてもオランダ勢にやられた。執着心が違うと感じる。本当に勝負に強いが、何とか壁を越えてほしい。(アルベールビル五輪銀メダリスト)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事