《関東高校サッカー》群馬県勢が全3種別で独占V
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
前橋育英―東京成徳大深谷(埼玉) 前半27分、育英のFW石井(左)が先制ゴールを決める=正田醤油スタジアム群馬
前橋育英―星槎国際湘南(神奈川) 前半33分、先制点を挙げた狩野(10)をアシストした後藤(14)が迎える=県営サッカー場
桐生第一―駿台学園(東京) 勝利の懸かるPKを決めたGK杉浦(1)を、笑顔で迎え入れる桐一イレブン=正田醤油スタジアム群馬

 関東高校サッカー大会の男女決勝は4日、前橋市の正田醤油スタジアム群馬などで行われ、全3種別を群馬県勢が制した。男子Aグループ(各都県1位)の前橋育英は2―1で東京成徳大深谷(埼玉)に勝ち、初優勝した。男子の県勢優勝は2000年の前橋商以来で18年ぶり。Bグループ(同2位)の桐生第一はPK戦の末に駿台学園(東京)を下し、規定により全体の3位となった。女子の育英も星槎せいさ国際湘南(神奈川)に3―0で勝ち、初優勝。インターハイ出場権を獲得した。育英は男女アベックで初栄冠となった。

  【男子】◇Aグループ▽決勝
 前橋育英 2(1―0)1 東京成徳大深谷(埼玉)
       (1―1)

  【女子】▽決勝
 前橋育英 3(1―0)0 星槎国際湘南(神奈川)
       (2―0)

  【男子】◇Bグループ▽3位決定戦
 桐生第一 2(0―2)2 駿台学園(東京)
       (2―0)
        延 長
       (0―0)
       (0―0)
     (PK5―4)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事