スバル 3年ぶり本戦切符 《都市対抗野球北関東2次予選》
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スバル―新日鉄住金鹿島(茨城) 3年ぶりの都市対抗大会本大会出場を決め、抱き合うスバルの角田(17)と高橋=太田市運動公園野球場

◎鹿島下し第1代表

 社会人野球の第89回都市対抗大会北関東第2次予選は5日、群馬・太田市運動公園野球場で本大会の出場権を懸けた第1代表決定戦が行われ、SUBARU(スバル、同市)は新日鉄住金鹿島(茨城・鹿嶋市)を6―1で下し、3年ぶり27度目の本大会出場を決めた。指揮官1年目の阿部次男監督は「初々しくはつらつとした采配で上を目指す」と本大会での快進撃を誓った。第2代表決定戦は6日午前10時から同球場で行い、鹿島と日立製作所(茨城・日立市)が残り1枚の切符を懸けて対戦する。

 ▽第1代表決定戦
SUBARU(太田市)
 300 100 101―6
 000 000 010―1
新日鉄住金鹿島(鹿嶋市)

(S)角田-君島
(新)玉置、能間、伊藤、菊地、山井、嶋田-片葺
(SUBARUは3年ぶり27度目の出場)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事