桜のジャージー目指せ 前橋箱田中の大友 ラグビー女子合宿に参加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
合宿の経験を糧に飛躍を目指す前橋箱田中の大友

 ラグビーの大友はるな(前橋箱田中3年、前橋ラグビースクール)が、若手の代表候補発掘を目的とする7人制の「女子セブンズユースアカデミー」(埼玉)の合宿に初選出され、9日までの日程で参加した。15人制で関東ユースや関東信越代表としてプレー経験を持ち、7人制でも評価を受けた。ただ、合宿ではライバルのレベルの高さを目の当たりにし、自身のパスや走りの力不足を痛感、レベルアップを誓う。

 おおとも・はるな 2003年4月生まれ。前橋市出身。8歳でラグビーを始め、12歳で初めて関東ユースに選出。昨年から中学生の関東信越代表を務める。今年の海老名市ガールズラグビーフェスティバルで敢闘賞を受賞。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事