《高校サッカー、ラグビー》全国目指し熱戦スタート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サッカー・新島学園-前橋 前半5分、先制のゴールを決め喜ぶ新島のMF諸田(右)=高崎菊地サッカー場
ラグビー・合同B-関学附 前半、合同Bの武井がトライを決める=高崎八千代グラウンド

 冬の高校スポーツシーンを彩る2競技の県代表を懸けた熱戦が14日開幕した。

 サッカーの第96回全国選手権群馬県大会決勝トーナメントは、健大高崎高グラウンドなど4会場で1回戦8試合を行い、新島学園が3-0で第2シード前橋を撃破。他は昨年度全国準優勝の前橋育英をはじめシード勢が8強に勝ち上がった。

 ラグビーの第97回全国大会県予選は高崎八千代グラウンドで1回戦3試合を行い、合同B(高崎商、前橋工、渋川、富岡)、合同A(伊勢崎、伊勢崎興陽、桐生)と桐生西が2回戦に進出した。

 【お知らせ】サッカーの全試合内容とラグビー各試合のスコアを上毛新聞携帯サイト「じょうもばいる」(課金制、月額300円+税)に掲載しています。

 トップページはこちら
(スマホ、タブレット、携帯用です。PCからはNEWSmart案内ページにリンクします)
※トップページからは「群馬のスポーツ」-「高校」と進んでご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事