石川茉友夏・育英高 初の日本代表 強気で勝負 来月、PGM世界ジュニアゴルフ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日の丸を背負い初の国際舞台に挑む石川

 ジュニアゴルフのPGM世界選手権(7月10~13日、米・サンディエゴ)に、前橋育英高3年の石川茉友夏が出場する。日本代表として臨む初の国際大会に「自分らしい強気のプレーで思い切り楽しむ。優勝して有名になりたい」と心を躍らせている。

 同選手権の日本代表選抜大会東日本決勝(4月21、22日、茨城・美浦ゴルフ倶楽部)で、女子15―18歳の部を制し、出場権を手に入れた。「ショットが良くなかったけど、確実に2パットで入れるように意識した」と得意のパターを沈めた。トータル4オーバーの148で回り、大会最終日に4打差を逆転し、優勝した。

 いしかわ・まゆか 2000年7月生まれ、吉岡町出身。吉岡明治小―吉岡中。160センチ。ベストスコアは66。趣味は韓国ドラマで韓国語の勉強に励む。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事