深夜にサポーター大声援 「ニッポン」湧く W杯ポーランド戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本の勝利を願い応援するサポーター=28日午後11時5分ごろ、伊勢崎市・フットボールバー蹴

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で、日本代表は28日、2大会ぶりの決勝トーナメント進出を懸け、ポーランドとの大一番に臨んだ。群馬県内のサポーターらは勝利を信じて「ニッポン」コールを送り、試合の行方を見守った。

 伊勢崎市の「フットボールバーしゅう」には、ユニホームやチームカラーの青いタオルを身に着けたサポーター約120人が集まった。熱気と緊張感に包まれる中、理想の展開を語り合い、キックオフを待った。試合開始のホイッスルが鳴ると、サポーターは選手の動きを見逃すまいとスクリーンを食い入るように見つめた。日本代表のチャンスには「ニッポン」コールが湧き起こり、力強く声援を送り続けた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事