都市対抗野球の季節 いよいよ SUBARU野球部が知事表敬
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大沢知事(右手前)に大会への意気込みを語るスバル野球部の(左から)矢島マネジャー、阿部監督、植田アドバイザー、間島部長

 第89回都市対抗野球大会(7月13日から12日間、東京ドーム)に北関東第1代表として出場するSUBARU(スバル)硬式野球部(太田市)が28日、群馬県庁を訪れ、大沢正明知事らに大会での活躍を誓った。スバルの本戦出場は3年ぶり27度目。

◎「黒獅子旗を群馬へ」激励

 県庁を訪れたのは間島満部長、植田龍幸アドバイザー、阿部次男監督、矢島賢人マネジャーの4人。間島部長は「県民に希望を与 える星になれるよう全力で臨む。引き続き応援をお願いしたい」とあいさつ。昨年7月に就任した阿部監督は「(出場できなかった)2年分の思いを込めて、一戦必勝で戦う。日本一になって群馬に 良い話題を持ってくる」と抱負を語った。

 大沢知事は「県民も黒獅子旗が群馬にやってくることを願っている。県民とともに全力で応援する」と激励した。

 初戦は14日の第1試合(午前10時半開始)で王子(春日井市)と対戦する。

◎都市対抗野球スバルを応援 市が募集

 第89回都市対抗野球大会に太田市代表で出場するSUBARUを応援しようと、同市は東京ドームで観戦する市民応援団を募集する。

 初戦は7月14日の王子戦で、応援バス9台(405人)が午前6時に市運動公園を出発する予定。

 参加費は大人2000円、高校生以下1000円で、当日集める。往復はがきに住所、氏名、生年月日と年齢、性別、連絡先を記入して申し込む(1枚4人まで)。1日から受け付け、7日必着。

 2回戦から決勝までも同時に募集するが、敗退の場合は実施しない。問い合わせは市スポーツ振興課(電話0276-45-8118)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事