ソフト豪代表を歓迎 太田で世界選手権前の合宿
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
選手の前に出てあいさつするバーロウヘッドコーチ

 女子ソフトボールの世界選手権(2~12日、千葉県)の事前合宿で太田市入りしたオーストラリア代表の歓迎レセプションが24日、市内のホテルで開かれた。1日まで滞在する選手ら27人をスポーツ関係者や高校生など90人が迎えた。

 清水聖義市長は「お招きできて大変うれしい。市内はソフトボールが盛んなので街が盛り上がる」とあいさつ。ファビアン・バーロウヘッドコーチは「東京五輪もその先も太田を訪れたい」と応じ、今後も親交を深める意思を示した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事