県中学生総体が開幕 女子砲丸投げは山道(太田藪塚本町)が大会新V
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
女子共通砲丸投げ決勝 6投目で14メートル14の大会新をマークして優勝した太田藪塚本町の山道=正田醤油スタジアム群馬

 第53回群馬県中学校総合体育大会が28日開幕し、16競技に約7500人が参加する。初日は県内各地で11競技を行い、陸上は女子砲丸投げで山道(さんどう)萌衣(太田藪塚本町)が14メートル14の大会新記録で優勝し、ダンスは伊勢崎一と太田北が最優秀賞に輝いた。開会式は熱中症対策のため、前橋市のALSOKぐんまアリーナで行われた。室内実施は2007年以来。

 女子砲丸投げ 山道(太田薮塚)大会新V

 投てきの後、14メートル14と記録が読み上げられると、思わず飛び跳ねて喜びを表現した。女子共通砲丸投げは山道萌衣(太田藪塚本町)が最終6投目で大会新記録を投げて優勝。雨で砲丸が滑るコンディションにも対応し、全ての投てきで13メートルを超えた。「ずっと目標にしてきた14メートル台を出せてうれしい」と笑顔を見せた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事