4カ国の子どもが熱戦 川場で沼田ロータリーがサッカー大会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県の沼田ロータリークラブ(関真一会長)主催の「U―12国際ジュニアCUP2018」が5日、川場村スポーツ広場で始まった。利根沼田地域や中国、韓国、タイのチーム、ザスパクサツ群馬U―12など14チーム約200人が熱戦を繰り広げている=写真。7日まで。

 小学6年生以下の8人制サッカー大会で、3日間にわたり予選リーグと決勝トーナメントで優勝を争う。初日のこの日は、7チームずつに分かれ、リーグ戦で各チーム2、3試合を実施。選手たちは暑さにも負けず、随所に好プレーを見せた。5日夜は沼田市の沼田まつりを一緒に見学した。6日夜は同村の道の駅川場田園プラザでサッカーをしていない地域の子どもも参加して食事などの交流会を開く。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事