《東海インターハイ》弓道男子団体 市前橋2年連続3位
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
弓道男子団体3位決定戦 集中して弓を引く市前橋(左から木村、杉村、有馬、佐野、菅野)=静岡県袋井市・小笠山総合運動公園エコパアリーナ

 全国高校総体(インターハイ)第5日は5日、静岡県小笠山総合運動公園アリーナ特設弓道場などで行われ、弓道団体で市前橋の男子が2年連続3位、女子は7位に入賞した。陸上では男子やり投げの高橋拓光(高崎工)が4位、同走り高跳びの大平海史(高崎)が5位に入った。

◎「仲間で勝つ」充実感


 弓道男子団体の市前橋は3位に喜びもひとしお。2、3年生で構成する現チームは県大会でも思うような結果を残せない時期を経験してきた。試合後は会場裏で、矢を射るための手袋「ゆがけ」を着けた右手をぶつけあって静かに喜んだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事