「思い切り投げる」ボウリング 宮沢拓哉(上武大4年)《ジャカルタ・アジア大会》
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
初のアジア大会に向けて練習に熱が入る宮沢

◎引き出しの多さ武器
 ボウリングのナショナルチームに所属する宮沢拓哉(群馬・上武大4年)は初のアジア大会に向けて「一番若手だが、気負わずに思い切って投げる」と意気込む。

 みやざわ・たくや 1996年10月生まれ。2016年アジア選手権チーム戦優勝。前橋桂萱中―桐生第一高。171センチ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事