パナソニック 覇権奪還だ トップリーグ 31日開幕 会見で目標
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
握手で健闘を誓い合うパナソニックの布巻主将(左)とクボタの立川主将=東京都内
 

 【東京=小山大輔】ラグビー・トップリーグ(TL)の開幕を前に参加16チームによる合同記者会見が20日、東京都内のホテルで開かれた。群馬県太田市を拠点とするパナソニックワイルドナイツからはロビー・ディーンズ監督と主将2年目のフランカー布巻峻介が出席。初戦が31日に迫る中、今季の目標を語った。

◎初戦はクボタと

 会見では、開幕戦の対戦カードごとに主将らが舞台に登場。2季連続で優勝を逃した布巻は覇権奪還に向け、「試合ごとに気持ちをつくって挑む」と強調。今シーズンの注目選手に同じ福岡・東福岡高出身の高卒ルーキー、フランカー福井翔大を挙げ「試合に出ても違和感はなく、普通に交じってやっている」と実力を認めた。

 今季の群馬県開催は、10月13日に太田市運動公園陸上競技場で行うパナソニック対リコーの1試合。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事