小学生に走り方伝授 東洋大陸上部が東吾妻で教室

 東吾妻町で合宿中の東洋大陸上競技部によるランニング教室が23日、同町の道の駅「あがつま峡」で開かれた。吾妻郡内の小学生から大人まで約50人が強豪校の選手から走り方や体の使い方を学んだ=写真

 股関節などのストレッチをしながらウオーミングアップ。足元の障害物をステップを踏みながら跳び越える訓練で、走力の基礎を養った。小学生は部員に両足を持ってもらう「手押し車」や、リレーを通じて交流を深めた。

関連記事
スポーツ > 群馬のスポーツの記事