プレーオフ制し男子は岡部 女子は石川が優勝 群馬県アマゴルフ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プレーオフを制し、初優勝した岡部(伊勢崎)=初穂カントリークラブ
若月(前橋、左)、江原(高崎、右)とのプレーオフを制し、手を挙げて喜ぶ石川(吉岡)

 アマチュアゴルフの第44回群馬県選手権、第38回群馬県女子選手権(ともに県ゴルフ連盟、上毛新聞社主催)の決勝最終日は23日、沼田市の初穂カントリークラブ(7045ヤード、女子5825ヤード、パー72)で行われ、県選手権は2位スタートの岡部雄斗(伊勢崎)が1アンダー、トータル143の3人によるプレーオフを制し初優勝した。女子も同68の高校生3人がプレーオフにもつれ込み、石川茉友夏(吉岡)が初優勝を飾った。

 県選手権で学生を除く上位1~3位の選手は、群馬県代表として10月に兵庫県で開かれる全国都道府県対抗選手権に出場する予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事