児童117人、キャッチボール 高崎

 小学生に野球の楽しさを知ってもらう「キャッチボールクラシック群馬県大会」(高崎青年会議所主催)が25日、高崎市の高崎城南球場で開かれた。市内外の13チーム117人がキャッチボールの正確さと速さを競った=写真

 9人1組で5人と4人が7メートル離れて向かい合い、2分間で先頭を入れ替えながら投げ合う回数を数えた。4グループの予選リーグを行い、勝ち上がった6チームで決勝を戦った。

関連記事
スポーツ > 群馬のスポーツの記事