ぐんまマラソン ライブ中継で配信します コース5カ所を撮影
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 第28回ぐんまマラソン(11月3日=群馬県、前橋市、高崎市、群馬陸上競技協会、上毛新聞社主催)の運営委員会は13日、前橋市の同社で第2回会議を開き、本年度から試行的に開始するライブ中継の運用方法など準備状況が報告された。

 ライブ中継は中央情報大学校、ドコモCS群馬支店の主導で実施。同校の学生10人がコース上5カ所をiPad(アイパッド)などで撮影し、専用サイトで配信する。スタート・ゴールの発着地や応援スポットなど多くのランナーが集まる場所を予定する。

 本番に先立ち、今月15、16日に開かれる中央総合学園の学園祭で配信テストを行う。配信は両日とも午前11時半からと午後1時半からの2回。学園祭のサイト(http://www.ddchannel.net/g-run)から見られる。

 本年度の募集は定員に達し、招待ランナーを含めて1万7055人がエントリー。男女のフルマラソンは5724人が出場。昨年からスタートしたジュニアスピードランは、小学4~6年が202人、中学生が60人となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事