北関東・信越代表 初V 《全国中学生ラグビー女子7人制》
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本県選手を中心に初優勝した女子の北関東・信越代表

 第9回全国中学生ラグビー大会は17日、水戸市のケーズデンキスタジアム水戸などで最終日を行い、女子7人制決勝で北関東・信越代表(群馬、長野、新潟)が兵庫代表を19―12で破り、初優勝した。ベンチ入り12人中、7人が群馬県勢。持田音帆莉主将や島本星凜、大塚薫乃ら高崎RCと金子瑛ら桐生ジュニアRSの選手が集った。3県代表をまとめた持田主将は「声を出し合い、最後まで自分たちのプレーができた」と勝因を挙げた。

【女子】▽決勝

北関東・信越代表19(7―5)12兵庫代表
            (12―7)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事