選手、監督ら健闘誓う 前橋で国体結団式
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
選手宣誓をする渡辺(左)と旗手の倉沢=ALSOKぐんま武道館

 第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体」(9月29日~10月9日)に臨む群馬県選手団の結団式が20日、前橋市のALSOKぐんま武道館で行われ、会期前競技などを除く30競技の選手や監督らが総合成績(天皇杯)15位以内を目標に掲げ、健闘を誓った。

 県旗は大沢知事から渡辺会長を経て、旗手を務めるソフトボール少年男子の倉沢尚吾(新島学園高)に手渡された。ボウリング少年女子の渡辺莉央(前橋育英高)が「支えてくれたすべての人に感謝し、郷土の誇りを胸に正々堂々と競技する」と宣誓した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事