ビック連勝だ 女子ソフト日本リーグ 13、14日に太田大会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
複数の個人賞が期待されるビックカメラ高崎の主砲山本

 ソフトボール女子の日本リーグ1部は13、14の両日、太田市運動公園野球場で第9節太田大会を開く。首位タイのビックカメラ高崎(16勝2敗)が13日にデンソー(午前10時半開始)、14日にSGホールディングスグループ(午後1時開始)と対戦する。同球場は今春大規模改修されたばかりで、太田市の1部公式戦開催は初。上位4チームによる決勝トーナメント進出を確定したビックは地元連勝でソフトボール熱を高め、2連覇への追い風を起こしたい。

 2人は「チームの勝利が最優先。個人成績は意識しない」との考えが共通。試合の中で自分の役割を果たした結果、数字もついてきたと捉える。ストイックに優勝だけを見つめている点が、日本代表の守護神と主砲のすごみだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事