頂点目指す群馬 東日本女子駅伝 11日号砲
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女子駅伝の第34回東日本大会が11日、18都道県が参加して福島市の信夫ケ丘競技場を発着点とするコース(9区間42.195キロ)で行われる。昨年10位だった群馬は強豪実業団のヤマダ電機勢や元気な高校生がエントリーし、4年ぶりの頂点を狙う。

【群馬県】
▽監督 永井聡(東洋大)
▽コーチ 岩崎真人(前橋三中)北田初男(健大高崎高)
▽選手 竹地志帆(ヤマダ電機)安藤実来(同)筒井咲帆(同)阿部知宙(前橋女高)森尻真優(健大高崎高)林亜美(常磐高)松崎愛(同)星野輝麗(同)増田優菜(健大高崎高)不破聖衣来(同)山田愛(富岡南中)中嶋千紗都(高崎一中)山下真奈(太田休泊中)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事