上野由岐子が無安打無得点 女子ソフト ビックカメラが決勝へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ビックカメラ高崎―トヨタ自動車 決勝トーナメントで自身10年ぶり2度目の無安打無得点試合を達成したビックの上野=神宮
太陽誘電―豊田自動織機 2回表誘電1死二、三塁、丸本のスクイズで子安がかえり先制=神宮

 【東京=田中暁、和泉皓也】女子ソフトボールの日本リーグ1部の決勝トーナメント第1日は17日、神宮球場で行われ、2連覇を狙うビックカメラ高崎(リーグ2位)がトヨタ自動車(同1位)を1-0で破り、決勝に進んだ。先発の上野由岐子が決勝トーナメントでは自身10年ぶり2度目となる無安打無得点試合を達成した。大会は敗者復活戦を含むページシステムで実施。第2試合は太陽誘電(同4位)が豊田自動織機(同3位)に2―1で競り勝った。18日の最終日は誘電とトヨタが3位決定戦(敗者の3位が決定)を行い、勝者が決勝でビックと対戦する。

  ▽準決勝
 ビックカメラ高崎(リーグ2位)
  100 000 0―1
  000 000 0―0
 トヨタ自動車(リーグ1位)
 【ビ】上野―我妻
 【ト】アボット―峰
 ▽本塁打 糟谷(ビ)

(ビックカメラ高崎は決勝進出、トヨタ自動車は3位決定戦へ)

  ▽準決勝
 太陽誘電(リーグ4位)
  010 100 0―2
  000 010 0―1
 豊田自動織機(リーグ3位)
 【太】藤田、尾崎―青木
 【豊】海部、リケッツ―永溝
 ▽二塁打 藤田(太)
 ※藤田、尾崎は合計9回交代

(太陽誘電は3位決定戦へ。豊田自動織機は4位)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事