クイーンズ駅伝 ヤマダ電機は4位 6年連続シード権獲得
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ヤマダ電機の4区竹地(左)からたすきを受け、走りだす5区石井=第4中継所(聖和学園高前)
4位入賞したヤマダ電機
6区で区間賞を獲得したヤマダ電機の市川=弘進ゴムアスリートパーク仙台

 【宮城=中里圭秀、和泉皓也】全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝in宮城)が25日、松島町文化観光交流館前から弘進ゴムアスリートパーク仙台までの6区間42.195キロで行われ、群馬のヤマダ電機は2時間16分35秒の4位でゴールした。前回の6位から順位を二つ上げ、6年連続で次回のシード権を得た。最終6区(6.795キロ)の市川珠李は21分37秒で区間賞に輝いた。2時間15分22秒のパナソニックが2連覇した。

 《レース経過》 ヤマダ電機は1区清水が先頭と23秒差の10位でつなぎ、2区安藤が12位で中継した。3区筒井が5人抜きの快走でシード圏内の7位に押し上げ、4区竹地が順位を維持。5区石井が2人をかわしてアンカーにつなぎ、市川が区間1位の好走で4位でゴールした。

  

【ヤマダ電機個人成績】

 ▽1区(7キロ) 清水真帆 22分38秒(区間10位、総合10位)
 ▽2区(3.9キロ) 安藤実来 12分51秒(区間19位、総合12位)
 ▽3区(10.9キロ) 筒井咲帆 35分3秒(区間3位、総合7位)
 ▽4区(3.6キロ) 竹地志帆 11分40秒(区間8位、総合7位)
 ▽5区(10キロ) 石井寿美 32分46秒(区間4位、総合5位)
 ▽6区(6.795キロ) 市川珠李 21分37秒(区間1位、総合4位)
 ※白抜き数字は全体順位、丸数字は区間順位。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事