8強が決定 前橋東は32年ぶり 春季関東高校野球県予選
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 高校野球の第69回春季関東地区大会群馬県予選第7日は26日、桐生球場など4会場で3回戦8試合が行われ、ベスト8が出そろった。

 前橋東は太田工との延長戦を5―4で制し、1985年以来32年ぶりの8強入りを果たした。

 昨秋4強の高崎は7―1で太田東に勝ち、桐生南はシード樹徳を4―2で下した。他に前橋育英、常磐、農大二、伊勢崎清明、健大高崎が準々決勝に駒を進めた。

 大会第8日は29日、高崎城南球場で2試合を行う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事