《2回戦》伊勢崎清明 逃げきった 高崎商大附に5―4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高崎商大附―伊勢崎清明 3回裏清明1死一、三塁、霜田が高野をかえす右前打を放ち先制。捕手大沢、球審佐藤=西毛運動公園

 ▽2回戦

高崎商大附
 000 030 001―4
 001 220 00×―5
伊勢崎清明

【高】阿部―大沢
【伊】長田、相田―高山
▽二塁打 阿部(高)

 伊勢崎清明は三回、四球から荒木、霜田の連打で先制。同点で迎えた五回は相田と小倉の犠飛で2点を追加した。先発長田は7回を投げ5安打3失点。継投した相田は2回を1安打1失点で逃げ切った。

 高崎商大附は五回に同点に追い付き、九回は大沢の適時打で1点差に迫ったが、後が続かなかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事