《1回戦》樹徳 球都対決勝つ 桐生に6―4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
樹徳―桐生 9回表樹徳無死一塁、山田がバスターエンドランで右前打を放ち、好機を広げる=上毛新聞敷島

 ▽1回戦

樹 徳
 023 000 001―6
 001 002 010―4
桐 生

【樹】森山、今福、堤、小寺-今泉
【桐】田上、高瀬-村田
▽三塁打 森山、吉田(樹)
▽二塁打 鈴木、今泉、八木(樹)高瀬(桐生)

 「球都対決」は樹徳が2点差で逃げ切り。二回に鈴木、森山、今泉の長打で2点を先制し、三回は吉田の適時三塁打などで3点を追加。九回に小磯の適時打でダメ押しした。

 桐生は六回に桜井、八回は樋口が適時打を放ち1点差としたが、9四球を生かし切れなかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事