《4回戦》前橋商 シード伊勢崎清明破る 4-1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
伊勢崎清明-前橋商 2回裏前商1死一、三塁、戸谷の内野ゴロが野選となり、先制の本塁を突いた大谷。捕手高山=高崎城南
7回表清明2死一塁、相田の左翼線二塁打で、荒木がかえり1点を返す

 ▽4回戦(高崎城南)

 伊勢崎清明
  000 000 100-1
  011 001 10X-4
 前 橋 商

 前橋商がリードを守り抜いた。二回に野選で先制し、三回は小暮の二塁打で1点追加。3-1で迎えた七回は吉田晃の適時打で突き放した。先発戸谷は8回1失点に抑え、継投の唐沢が後を封じた。

 伊勢崎清明は七回に相田の適時二塁打で1点を返したが、逸機が響いて流れをつかめなかった。

「勝ちたかった」伊勢崎清明・中井碩人主将の話
 この仲間たちとやってこられて良かった。だから勝ちたかった。みんなと甲子園に行きたかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事