《3回戦》樹徳 逃げ切り勝ち 太田東に5―4

  ▽3回戦(高崎城南)


 樹 徳
  301 001 000―5
  001 010 020―4
 太田東


 序盤に得点を重ねた樹徳が接戦を制した。初回、山田の中前打を皮切りに森山と嶋田の適時打で3点を先制。三、六回にも1点ずつ加えた。投手は堤、小寺とつなぎ、4失点で逃げ切った。

 太田東は八回、村田と栗原の連打から茂木の適時打などで1点差に迫ったが、一歩及ばなかった。


「ベストの試合」太田東・金谷颯汰主将の話
 何でも言い合える仲間とここまで来た。勝てなかったことは悔しいがベストの試合。新チームはこの上を目指して。

関連記事
スポーツ > 高校野球の記事