《3回戦》健大高崎 一発攻勢 桐生西に4―1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
桐生西―健大高崎 7回表桐西1死一塁、張田の右前打で一走籾山が三塁を狙うが、右翼手安藤の好送球でタッチアウト、二塁へ送球し併殺とする三塁手渡口=高崎城南

  ▽3回戦(高崎城南)

  桐生西
  000 000 100―1
  200 100 10×―4
 健大高崎


 健大高崎は初回、2試合連続となる山下の2ランで先制。四回に渡口の犠飛、七回は安藤のソロで加点し、主導権を渡さなかった。一回無死一、二塁から継投の竹本は6回無失点の好投。

 桐生西は稲垣、籾山の継投で粘り、七回に籾山の適時打で1点を返すも、決定打を欠いた。


「勝ちたかった」桐生西・張田宏樹主将の話
 甲子園常連校に、自分たちがこんなに戦えた。ここまでやってきたことは間違いじゃなかった。でも勝ちたかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事